すべり症で鍼、カイロ、整体何しても良くならなかったのが、10回の施術で痛みが7割取れました。

レントゲン、MRIで病院の診断名

すべり症

脊柱管狭窄症

坐骨神経痛

 

年齢、性別、職業

67歳、男性、会社員(事務)

いつから?

2年前にすべり症と脊柱管狭窄症

 

症状

腰から左右臀部の痛み

左大腿よりふくらはぎの痛みと痺れ

10分歩くと足が棒のようになる

椅子から立ち上る時、電車で立ってるのもつらい

 

 

施術

大腰筋、大腿筋膜張筋の緊張が強く電気施術機、操体法、オステオパシーの施術で緊張を丁寧にとっていく

腰部、左右臀部、左足全体の筋肉の緊張を取っていく

仙腸関節の可動域が少ないので、動きを出していく

寝方、座り方、歩行訓練、姿勢の指導を行う

経過

1回目  ほとんど変化なし

2回目  左足の痛みが少しだけ軽くなった

3回目  左足のシビレも減ってきた

5回目  20分歩けるようになった

7回目  腰の痛みも3分の1になった

10回目  30分歩けるようになり全体の痛みが7割減った