すべり症で足全体の痛みがひどく、まだ60歳なのに腰が曲がったまま伸びなかった人が、4,5回の施術で伸びてきました。

レントゲン、MRIで病院の診断名

腰椎すべり症

年齢、性別、職業

62歳、女性、保育士

いつから?

1か月前から、はっきりした原因はわからないが、保育士をしているため、前かがみの仕事が多く、かなり前から、腰が伸びなくなってきていた。

症状

起床時、動き出すとき、股関節が抜けるような感じの激痛。

右臀部より大腿部(大腿筋膜張筋部)下腿概則部の痛み。

痛みのせいで腰が伸びず、前傾で歩行。

 

施術

本人は股関節の痛みだと思っていたのは、ももの外側の硬い筋肉の大腿筋膜張筋が原因でした。

そのほか、大腰筋、殿筋、大腿二頭筋、下腿三頭筋、など痛みが出ている筋肉を、丁寧に電気施術、操体法、オステオパシーで緊張を取っていきました。

仙腸関節の可動域が少ないので、動きを出していく

寝方、座り方、歩行訓練、姿勢の指導を行う

 

経過

1回目 電気施術と操体法により少しだけ痛みが緩和

2回目 特に大腰筋の緊張をとることでかなり痛みが緩和される。本人もびっくり

3回目 職場の人にも、姿勢が良くなってきたのを指摘された。

4回目 運動会の練習での疲労や無理が重なり、症状が少し戻っていた。その後、施術をして「戻り」を解除

5回目 股関節部の痛みはほぼなくなる。ももよりふくらはぎも痛みも解消され、まだ若干、前屈姿勢は残っている

6回目 本人の普段の姿勢の注意点、生活習慣の改善ができてきたため、ぶり返しなどもなくなってきた。

10回目 生活習慣など忘れていくため、月1回のメンテナンス施術継続