手術が決まっていた脊柱管狭窄症の方が、当院の施術で改善されました!

レントゲン、MRIで病院の診断名

脊柱管狭窄症

医師には手術をすすめられていて、あとは日にちの調整

年齢、性別、職業

76歳、男性、無職

いつから?

1年前にお尻から足全体の痛みが出ていた為、飲み薬などで一時は症状が落ち着いたそうです。

その後、9月にゴルフに行ってから、また症状がぶり返して通っていた整形外科でブロック注射を行い、その時は少し良くなっても、また戻ってしまう、そのくりかえしになっていたそうです。

症状

お尻より足全体の痛みが出るだけでなく、しびれる感覚も出始めていたようです。歩ける時間も1分も歩いてると、足全体の痛みが出てしゃがみこんでしまう様でした。

施術

大腰筋、大腿筋膜張筋、殿筋、大腿二頭筋、下腿三頭筋、腓骨筋群、後脛骨筋など電気施術機、操体法、オステオパシー療法で緊張を取っていきます。

仙腸関節の可動域が少ないので、動きを出していく

寝方、座り方、歩行訓練、姿勢の指導を行う

 

経過

1回目 少しは軽くなるが、次の日には痛みが戻っていた。

2回目 少し症状が変わりだした。

3回目 痛みなく歩ける時間が少し出てきた。

4回目 足の痛みがかなり減ってきた。

10回目 痛くて伸びなかった背中が、しっかり伸ばすことができるようになってきた。歩ける時間も20分以上、痛みなく歩けるようになった。しびれは、ほとんどなくなり、痛みも2割ぐらい残るだけになったようです。

病院の先生も、今の症状であれば手術の必要はないという事になり、本人も大変喜んでいます。