8年前からヘルニアで手術しかないと思っていた症状が、3回目の施術ごろには痛みを忘れて生活することが多くなってきました。

Q うちに来る前は、どのような症状でしたか?

職業病(看護師)と思いつつ腰痛とは、長いおつきあいをしていました。

8年前に後方から追突される交通事故時にけんさしたところ、腰椎椎間板ヘルニアがあることが分かりました。ことときからヘルニアだから痛いのも仕方ない我慢できないなら手術しかないと考えていました。

約2か月前から、左臀部の痛みが強く気が付けばたたいて紛らわせていることや腰を曲げてじっとしていることが多くなってきました。一番ひどいときは、台所に立つことも10分がやっとになり、30m歩けない状態になってしまいました。

再度検査しても、状態は8年前と同様であることから、何か手はないのかと、ネット検索していて、戸田整体院にたどり着きました。

 

Q 現在施術を受けてその症状はどうですか?

お試しの1回目の施術を受けた直後は臀部の痛みも消え、できなかった状態反らしもできるようになりました。

次の日から痛みはあるものの、数回しか休むことなく仕事もしていました。

2回目の施術を3日後に受け、痛みは3割くらいになり、日常生活に支障なく過ごせるまでになっていました。

3回目はそこから6日後に受け、痛みを忘れて生活することも多くなってきました。

4回目の施術はその1週間後だったのですが、生理痛と重なり、3割程度の痛みが出現しましたが、姿勢や運動の支持を受けていたので、実施すると痛みは緩和し、生活に支障ありませんでした。

 

Q 同じような症状でお困りの方にメッセージをお願い致します。

痛いと感じている臀部が病んでいると思っていたのですが、おなか側の筋肉(大腰筋)が影響しているなんて施術を受けるまで、全くわかりませんでした。人の体は、絶妙なバランスで構築られていることは知っていましたが、こんなに影響していることを改めて痛感しました。また、筋肉を上手に休ませることも教えていただきました。

自分の体ではありますが、医師に全てお任せしていませんか?

違う角度から体を診てもらうと、意外と簡単に解決できることもあるようです。

春日部市 女性 50代 看護師

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

■先生からのメッセージ

スタッフ写真

アンケートにご協力いただきありがとうございました。

医療従事者の方の、施術に対しての正確な経過観察、貴重なご意見本当にありがとうございました。

来院されたときは、腰よりお尻、ももにかけての痛みが強くあり、1回目の施術からかなり良くなりよかったです。

2回3回と行うたびに症状が改善していき、その中でも症状のぶり返しもありましたが何とか、納得していただける結果が出せてよかったです。

もしまた何かありましたら宜しくお願い致します。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

脊柱管狭窄症と言われ、痛みで眠ることもできず、本気で「もう治らないんじゃないか」と思っていたのが、痛みやしびれが大きく軽減して、気力・治るぞという希望が出てきました お客様写真
100m歩くとお尻から足全体が痛くて、1か月の通院で痛みがぐんぐん治まり1か月前の人生終わりかなと思っていた自分が、信じられない!
脊柱管狭窄症で腰から右足のしびれと痛みで10分歩くのもつらかったのが、痛む日がかなり少なくなってきました。 お客様写真