すべり症と脊柱管狭窄症の寝てるときの痛み、歩いてるときの痛みはなくなり、しびれも少なくなり緩和された。

お客様写真

Q うちに来る前は、どのような症状でしたか?

・右のお尻が痛い

・右足のふくらはぎ、太ももにしびれがある。

・朝歩いていて足が痛くて、歩けなくなった。

・夜寝ていても痛いときがあった。

 

Q 現在施術を受けてその症状はどうですか?

・歩くことに苦痛は無くなった。

・右足のしびれは、少なくなった。(緩和された)

・寝ていて痛いということは、なくなった。

 

Q 同じような症状でお困りの方にメッセージをお願いします。

・痛みが神経に触って痛いことを理解すること。(筋肉痛ではない)

・股関節と大腰筋を柔らかくすることを理解すること。

・先生の話をよく聞いて理解すること。

 

春日部市、60代、男性、無職

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

■先生からのメッセージ

スタッフ写真

アンケートにご協力していただきありがといございました。

患者様は、1か月前に四国にお遍路で長時間歩いたことがきっかけで以前からあったすべり症と脊柱管狭窄症の症状が強く出てきたようでした。整形外科から出して頂いた薬も効いていたようですが、それでもかなり症状が残っていたので当院で施術させていただき、どんどん良くなり5,6回の施術で完了することができてよかったです。ゴルフも2日間続けていっても痛みしびれが出なかったようなので、取り合えず落ち着いたのでしょうね。ただ、無理をすればまた出てくることが考えられるので気を付けてください。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

脊柱管狭窄症と言われ、痛みで眠ることもできず、本気で「もう治らないんじゃないか」と思っていたのが、痛みやしびれが大きく軽減して、気力・治るぞという希望が出てきました お客様写真
100m歩くとお尻から足全体が痛くて、1か月の通院で痛みがぐんぐん治まり1か月前の人生終わりかなと思っていた自分が、信じられない!
8年前からヘルニアで手術しかないと思っていた症状が、3回目の施術ごろには痛みを忘れて生活することが多くなってきました。