じっくり話を聞き、症状や体調に応じてやり方を変えた施術でとにかく丁寧な対応

Q  うちに来る前はどのような症状でしたか?

腰痛・肩こり・頭痛に悩まされ続け、他の整体院や施術院にも通ったことはありますが、その時だけ良くなっても又すぐ同じ症状が出ていました。特に仙腸関節が左側に何か変な引っ掛かりがあって、ものすごい違和感があり、それを何とかしたいと思っていました。

 

Q  現在施術を受けてその症状はどうですか?

仙腸関節の引っかかりはほとんどなくなりました。腰痛も以前より軽くなっていますし起こる頻度も少なくなりました。

 

Q  同じような症状でお困りの方にメッセージをお願いいたします

じっくり話を聞いて症状や体調、体質に応じた治療をし、状況に応じてやり方を変えてみたり、とにかく丁寧に施術をしてくださるので、一度相談なさったらいいと思います。

 

岩槻区  50代  女性  

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

■先生からのメッセージ

スタッフ写真

アンケートありがとうございました。

 

運動も普通の方に比べてかなりされている方なので体の柔軟性、筋肉量もいいと思います。ただ、本人も言われているように、仙腸関節での引っ掛かり、違和感を感じている方です。

仙腸関節の動きは、ハンドルの「遊び」と思ってください。仙腸関節の動きというのは、他の関節と違いたくさんは動きません。せいぜい、2,3ミリで骨どうしの摩擦や引っ掛かりを防ぐ潤滑油のような液体の中で起こります。もしハンドルに「遊び」がないと大変で運転中に手をちょっと動かしただけでもタイヤの向きが変わり事故を起こす危険性もあります。また、タイヤの減りも早くなり、自動車自体にも故障が出てきます。これが体だと仙腸関節が摩擦でこすれて炎症が起きてきます。体をひねる、前屈、後屈の動作でも上半身の重みをここで吸収して和らげ、下半身に過剰な負担がかからないように、また、下からの衝撃を上半身にかからないようにする働きをします。

仙腸関節の遊びが少なくなるのには、いろいろな原因があります。悪い姿勢での作業、長時間座ってる・立ってる、運動不足、過剰な運動、加齢などがあります。元々、筋肉の緊張が強くなると収縮します。収縮が強くなると骨どうしをギュッと押し合わせる?表現が難しいですが、ここでは、仙腸関節のわずかな隙間を押し合わせることで遊びが少なくなり関節が硬くなります。すると腰だけでなく背中、肩甲骨周り、のちには首にも影響を及ぼしてきます

その為、この患者様にも仙腸関節、周囲の筋肉を柔らかくして、また動きもだすようにしていくことで引っ掛かりや違和感も良くなってきたようですね。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

脊柱管狭窄症と言われ、痛みで眠ることもできず、本気で「もう治らないんじゃないか」と思っていたのが、痛みやしびれが大きく軽減して、気力・治るぞという希望が出てきました お客様写真
100m歩くとお尻から足全体が痛くて、1か月の通院で痛みがぐんぐん治まり1か月前の人生終わりかなと思っていた自分が、信じられない!
8年前からヘルニアで手術しかないと思っていた症状が、3回目の施術ごろには痛みを忘れて生活することが多くなってきました。