脊柱管狭窄症で2回目なのに腰痛もなく歩くことができて不思議な気持ちです

お客様写真

Q うちに来る前は、どのような症状でしたか?

20年間腰痛に悩まされ、昨年より脊柱管狭窄症による坐骨神経痛になり、朝は特に歩行困難になり、痛さをこらえることが大変でした。思い切って戸田整体院へ行き施術を受けると翌日は、朝の痛さが薄らいでることに気づき、嬉しかったです。もっと早く施術して頂いていたらと思う事がありました。

 

Q  現在施術を受けてその症状はどうですか?

昨日、歩くことも大変だった腰痛もなく、外に出て歩くことができました。

まだ2回なのに不思議な気持ちです。

 

Q同じような症状でお困りの方にメッセージをお願いいたします。

痛さを我慢しないで、思い立ったら吉日で施術を受けてみたらと、思います。

 

岩槻区 70代  男性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

■先生からのメッセージ

スタッフ写真

アンケートありがとうございました。

脊柱管狭窄症からの坐骨神経痛、知覚鈍麻、筋力低下、歩行困難など症状がかなり進んでいたのですが治療を行うたびに少しずつ良くなるのが分かり、私もとてもやりがいを強く感じる患者様の一人でしたので記憶に深く残っています初診の時は、当院にあまり期待をしていなかったようで「月に1回しか通えません」とおっしゃっていたのですが、治療を始めると本人も驚くほども良くなるのが分かり私が勧めなくても週に2回通っていただいたので完治、とまではいかなかったのですがだいぶ症状が楽になったので本当によかったと思います。

脊柱管狭窄症は、これからも長く付き合っていかなくてはいけない病気だと思います。姿勢や腹筋の使い方、座り方、歩き方、寝方などの生活習慣を気を付ければ趣味も続けていけると思いますので忘れずにやり続けてください。でも、もしまた辛くなったらあなたの良くする方法はわかっていますのでいつでもお越しください

同じ症状でお悩みのお客さまの声

脊柱管狭窄症と言われ、痛みで眠ることもできず、本気で「もう治らないんじゃないか」と思っていたのが、痛みやしびれが大きく軽減して、気力・治るぞという希望が出てきました お客様写真
100m歩くとお尻から足全体が痛くて、1か月の通院で痛みがぐんぐん治まり1か月前の人生終わりかなと思っていた自分が、信じられない!
8年前からヘルニアで手術しかないと思っていた症状が、3回目の施術ごろには痛みを忘れて生活することが多くなってきました。