たった1ヵ月で普通に歩くことができる、までになりました

お客様写真

Q うちに来る前は、どのような症状でしたか?

脊柱管狭窄症といわれ 腰から臀部、右足首まで痛みと痺れが続き、仕事も2ケ月間休みました。

近所の整骨院に2ケ月近く通いましたが、10メートル歩くのがつらくて、もう歩くことができないのかと落胆していました。

 

Q  現在施術を受けてその症状はどうですか?

最初のお試しの施術を受けた翌日から痛みと痺れが、だいぶ楽になるのが実感できました。施術を続け、たった1ヵ月で普通に歩くことができるまでになりました。

 

Q 同じような症状でお困りの方にメッセージをお願いいたします

同じような症状の方は、多くいると思いますが、1度、戸田先生のところで施術して頂いたらいいと思います。正しい施術をすれば必ず良くなります。諦めることはありません。

 

イニシャル M、S   男  60代   職業  地方公務員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

■先生からのメッセージ

スタッフ写真

アンケートありがとうございました。

脊柱管狭窄症で足全体に痛みと痺れが強く出ていたため歩行困難で仕事も行けずかなり悩みの深い方でした。お試し治療を2回行っただけでもかなり良くなり歩行時間も10分ぐらい歩けるようになりましたね。治療を行うたびに良くなりました。ここで皆さんに言えることなのですが、良くなってくると大抵の人は1度は又症状が戻ります。

なぜかというと皆さん、今まで痛かった人は良くなったことで、つい、動きすぎてしまったり、痛くてできなかったことをし始めることで痛みがぶり返してしまいます。その中でもよくあるのが長く座ってしまう事です。「えっ!そんなことで」と思うかもしれませんが脊柱管狭窄症の人にとって大きな原因になることが多いです。特にバスツアーや映画鑑賞、など狭い所で長時間(2時間以上)座りっぱなしなんて言ったらすぐに痛みが出てきても不思議ではありません。もちろん仕事でも同じです。その時は、できれば30分に1回は席を立って少し動いてから又座ってください。そうすることで1度リセットされますので痛みが出にくくなります。

この患者様もすっかり良くなっていたのですが、やはり少し長く座ったこと(ほかの原因も重なり)で又、痛みがぶり返してしまい、再来院されましたが、数回の治療で又よくなったので良かったです。

あなたの痛みの取り方も分かっていますので安心してください。でもあまり無理なさらないでください

同じ症状でお悩みのお客さまの声

脊柱管狭窄症と言われ、痛みで眠ることもできず、本気で「もう治らないんじゃないか」と思っていたのが、痛みやしびれが大きく軽減して、気力・治るぞという希望が出てきました お客様写真
100m歩くとお尻から足全体が痛くて、1か月の通院で痛みがぐんぐん治まり1か月前の人生終わりかなと思っていた自分が、信じられない!
8年前からヘルニアで手術しかないと思っていた症状が、3回目の施術ごろには痛みを忘れて生活することが多くなってきました。