当院独自のアプローチ

本当の原因は、そこではない、かもしれません!

大腰筋、腸骨筋、腰方形筋のイラスト

一般的に腰痛や神経痛と言うと、背骨、背中の筋肉、腰の筋肉(脊柱起立筋)、その少し下の骨が出っ張っているところ(仙腸関節)やお尻の筋肉に原因があるかもと考えるかもしれません。

病院、整骨院、整体で、腰の痛いところをマッサージや電気をかけてもらえば、その時は気持ちよくなり、少し楽になるかもしれません。でも、次の日は、もう元の痛みに戻ってしまう。ひどいケースだと、施術をした帰り道には、もう戻ってしまっている、ということもよく聞きます。

本当に、”そこ”が原因なのでしょうか?

症状が本当に良くなっているのだったらいいのです。

ただ、今これを見ている”あなた”

何か月も何年も、腰や背中側の色々なところ、色々な方法で施術してもらっているのに、痛みが取れていないのだったら、そこが本当の原因では、ないのではないでしょうか?

では、その原因は、どこか?

それが”大腰筋”です。

当院での施術で、一番大事なポイントは、なんといっても ”大腰筋” という、腰の奥深い所にある、腰を支えるとても大事な筋肉です。

大腰筋は、背骨の第1から第5腰椎というところから始まり、大腿骨の内側に付く筋肉です。

筋肉は収縮すると関節が曲がったり、伸ばされたりします。

大腰筋の働きは、立っている時(足が固定されている時)大腰筋が収縮すると、腰椎をわしづかみされた感じで前のほうに引っ張られる為、お腹を前に出す姿勢、いわゆる腰の反りが強くなります。

今度は体幹が(上半身が)固定された時、筋肉は大腿骨の上のほうに付いているので膝を上げる作用になります。すなわち歩く時に使われたり、足踏みの時などに使われます。

もう一つの大切な働きが、大腰筋はインナーマッスルなので姿勢を保とうとさせる働きがあります。

特に座っている時は、姿勢を安定させるために収縮し続けています。短い時間であればいいのですが20分以上座り続けると大腰筋は、縮こまって硬くなってきます。

又、5分以上その場で立ち続けていても、保ち続けようと安定させるため筋肉の動きがないので固くなってきます。

あなたは、長時間座っていると立ち上がる時、腰が伸びにくくて、痛くないですか?

20分以上座っていて立ち上がった時、腰が曲がっていませんか?

そして少し歩いたりすると腰がだんだん伸びてきて、痛みが楽になりませんか?

もし、そうだとしたら、それは大腰筋が固く縮こまっているから、かもしれません。

その他にも、次のような症状の人は、大腰筋が縮こまっているひとです。

 

2つ以上当てはまる方は、大腰筋が縮こまっています!

  • 30分以上椅子に座ってると、立ち上がる時、腰が伸びにくくて、痛みもある。
  • その場で5分以上たち続けてると、腰が痛くなる。
  • 上向いて寝てると腰が痛くなる。
  • 横向きで寝ると、腰の痛みが少しは楽に感じる。
  • 買い物の時、カートを押してると腰が楽に感じる。
  • 後屈すると痛いし、あまり反れない。
  • 腰が反っている。
  • お腹が張ることがある。
  • 股関節あたりに痛みを感じることがある。

当院独自のアプローチ

戸田整体院では、アメリカでは認知度の高いオステオパシーの施術と最新の電気施術を融合させることで、今までとても、出せなかった効果が1回の施術でも出せるようになりました。

オステオパシーの施術

オステオパシーの中でも、ストレイン・カウンター・ストレインというテクニックを使います。

一般的には、硬くなった筋肉はストレッチをしたりマッサージをしてほぐしますが、大腰筋は奥深いところにあるので、マッサージは届きません。ストレッチをしたら、更に反らせてしまうので痛いし、できません。

ストレイン・カウンター・ストレインは、固く縮こまった筋肉をたるませて、緩めるイメージです。

最新の電気施術器

最新の電気施術器は、超音波とハイボルトという電気を組み合わせた施術器です。

超音波は、振動を奥深い所まで伝えることができます。奥深いところまではいった電気刺激は、振動させることで熱が生まれます。温熱刺激により、固く縮こまった筋肉をゆるませて、ハイボルトの電気刺激で、痛みを軽くすることができます。